2013年5月アーカイブ

とにかく前に進め

| コメント(0) | トラックバック(0)
5月の後半あたりからの発心ではありますが、

新事業を成功させる目的と、キャッシュの安定化に向けた取り組みを

やっていきます。

いま一番やっておきたいのは、成功者のモノの考え方でしょうか。

本来、あまり自己啓発系のものは好きではありません。

今から10年ほど前、MLMのビジネスでさんざん聞かされました。

見に着いたとは、思っていますが、

あれほど無意味な時間は無かったなとも思います。

強制的に動員されて聞くようなものでは無いですし、

その程度でテンションが上げ下げするのも、どうでしょう・・という感じです。

それでも、成功者の話を聞くのは、興味深いです。

それが年下であれ、年上でもあれ、実際に結果を出した人は、尊敬に値します。


年齢も重なってくると、こういう儲け話には基本、穿った見方をしますよね。

私も全く同じです。ただほんの少しは、「見分け方」をわきまえているつもりです。



3年前、キャッシュフローの健全化をめざして立ち上げた、スポーツ映像のコンテンツ化と

オンラインストアの運営は、少しずつではありますが売上が増えてきました。

でも、まだまだです。

サイトの閲覧数や、直帰率が悪い。悪すぎる。

まだまだ改善の余地があるようです。

法人取引の需要は、景気動向よりもワンテンポ遅れてくるように感じます。

それだけ用心している事の表れでしょう。「質より価格」が優先されるのは、

まだ払拭されないと思います。

そうなれば、個人消費の側にデマンドを喚起させ、資金を循環させることで、

法人需要を刺激することのほうが得策と思います。


ここで重要視したいのは、「ブランディング」。

我々は薄利t多売を繰り返し、疲弊してしまった感があります。

自分たちが創るコンテンツが認められるまでは、薄利多売でも良いのかも知れませんが、

やはり、市場に正当な評価を与えて頂けるようになれば、正当な価格でご提供しなければ

このコンテンツ市場そのものが崩壊しかねません。


今までこの部分をあえて封印してきました。

我々の技術は、大手に負けるほど陳腐なものでは無いと思います。

臥薪嘗胆という言葉がありますが、今まさにその状態です。

とにかく、前のめりになって進むしか、道はありません。

しかしこの事さえ、「前だけ見てりゃなんとかなる」と思えば、楽しいものです。



創業の志を改めて心に刻み、前進です。




静かなる決断

| コメント(0) | トラックバック(0)
相変わらず仕事は忙しい割に、全然儲かりません。

景気は確実に戻っているような感覚はありますが・・。

メーンとなっているクライアントからの仕事が、濡れ雑巾で拭いたように、

仕事が止まりました。


この事については、もう何も言いません。言っても何か状況が変わるでもなし、

しばらくは、この状態が続くでしょう。


ただ、自分は会社の経営者という立場であり、このままズルズルと事態が

最悪のスパイラルに落ちることは避けねばなりません。

公庫の借入れや、メーンバンクの長期融資も、返済が滞れば一気に

社会的な信頼を失ってしまいます。

そういう局面で、営業活動を一生懸命にやり、また一般の顧客に

コンテンツを販売するという事業の転換は、今まさに

過渡期に入るような感触があります。



それでも、押し寄せてくるような危機的状況をドラスティックに変えるだけの

ものではありません。


ここ暫く、色々な事を考えました。

進むか、引くか。


思うに、「お金」とは「人のエネルギーを数値化したもの」と、自分は捉えています。

宝くじが突然当たって、莫大な当選金を受け取ったが為に人生が狂ってしまし、

身を持ち崩してしまった高額当選者が大勢いるようですが、

それとて、いきなりものすごいエネルギーのあるものに自分自身が振り回さるような

そういった感覚があまり理解されていないのかも知れません。


さて、こんな前フリをつらつらと書いて、一体おまえは何とやるんだ?

との声が聞こえそうです。


今はあまり話すことができません。

ただ、自分たちが置かれた今の会社の状況を

極めて短期間で突破するには、犯罪以外では方法と言えばほんの一握りの情報と

チャンスしか無いということを、我々は同時に知っておかねばならないでしょう。


これから3年後、我々が目指すものは、キャッシュフローを最大化すること、

そして現在のスタッフ全員に社会保険を適用させ、労働条件を改善します。


ここ数日、色々と考えるところがあって、

これから自分は何をなすべきなのか?

そしてそれが自分にとって、本当にリスクの高い事業なのかという事です。


静かに、決断しました。

ここからが本当に面白い動きになるでしょう。

ウェブページ

※この時計の時刻は、あんたはんのパソコンのもんどす。必ずしも正確な時間ではあらしまへん。

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。