2011年6月アーカイブ

銀シャリ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ数日、ヨメから「お米洗って」と言われる。

家事と育児は共同作業・・・別に取りきめたワケでは無いが、

独身が長かった分、台所にいた時間も長かったので、

お米を洗うぐらいは、チャッチャッ・・・と、やっている。

しかしヨメ曰く、「お米を炊いた後の匂いがヌカ臭くない」から、

私がお米を洗うほうが良いのだそうだ。

う?ん・・・?あまり特別な洗い方をしてるワケではないのだが・・。

よくやる、親指の付け根というか、掌の部分でコメを押すように研ぐのは

あまりやらない。というか、自分は異常に手が小さい(ちなみに、

ヨメのほうが大きいです)ので、どうもうまくできないのだ。

なので、両手でコメをすくって、流水の中で揉むように研いでいる。

ネットや料理本には、「できるだけ素早く、コメにヌカを吸わせないように

水から上げて・・・」とあるのだが、自分は水につけたままで研いでいる。

堺の有名な「銀シャリ屋ゲコ亭」の79歳になるご主人の研ぎ方を

ちょっとだけ真似た(といっても最初だけ)のだが、これがどう味に出ているのか、

本人もサッパリ、分からない。

まぁ、おだててくれてるだけなのかも知れないし、本当に冷えた後の匂いが

違うのかもしれない。そこらへんは気持ちの良いほうを選ぶことにしましょう。

洗い終わったら、ボウルに水を張り、一旦冷蔵庫に入れている。

これも何かのTVで見た受け売りだが、「氷温熟成」させると、コメは糖度が

増すのだそうだ。チルド室に入れておくのが、イチバン良いみたいだ。

独身の頃はこれをステンレスの鍋で、1食分だけ炊いていた。

今は病気の関係で1食200gしかコメは食べないが、

あのツヤツヤしたご飯をザッパザッパと食べる感覚は、

日本人の最高の愉悦ではないかと思う。

 

あ、ちなみにお米は信楽の親戚のオジサンに頼んで、低農薬の玄米を

分けてもらったもの。それを5合ぐらいごとに精米機で精米してます。

これがまた、美味いのだよ♪

心をダイエット。

| コメント(0) | トラックバック(0)

何でも欲しがる、何でもやりたがる。そして、何にでも首をつっこみたがる。

 

そんな「我欲」が、いつのまにか自分の方向を見誤らせるときがある。

 

ドラスティックな環境の変化に、されど自分の気持ちは追いつかなくて、

 

それでいて、流されてはいけない、流れてはいけないと、ただ迷うのである。

 

ならば、迷いの中から、たったひとつ、ベクトルを見つければ良い。

 

 

 

何かを捨てて、何かを学べ。

やりたい事防備録

| コメント(0) | トラックバック(0)

年内に修士論文を書かないといけない。

でも、忙しい。

なかなか、章立てから進まない。まだ、論考が甘い。

 

仕事は目減りしている。しかし、これはチャンスの兆候。

時間があれば勉強する。仕事の構想を練る。

まず、やりたい事は、スキルアップ。

Flashのactionscirpt が書けるようになりたい。

Worpress MT5共にプログラムをマスターしたい。

FXなどオンライントレードの勉強をしたい。

本をできるだけ読みたい。

読書ノートを充実させたい。

どんどん、湧いてくる。

時間は等質ではない。長く感じるときは段取りが悪い。

短いと感じる時は、焦り過ぎ。

さぁ、色々決断していこう。

 

渾沌。

| コメント(0) | トラックバック(0)

何かが、変わるのか。

何も、変わらぬのか。

答も何も分からぬままに、時間だけが過ぎ去ってゆく。

 

彼の地では人が大勢、大きな波に飲まれたというのに、

大勢の人が、一生で流す以上の涙を流したというのに、

 

国を動かす役の人たちは、足の引っ張り合いをして、

縄張り争いばっかりやって、喧々諤々。

そんな茶番劇を、たっぷり電力を使ってタレ流すテレビジョン。

 

責任を取らないリーダー。

心の配りようを、忘れたリーダー。

残るのはポピュリズム。

しかし、人の意見を聞かない。

「チャック開いてますよ」

 

聞かない・・・・。

 

そんな、人間失格のリーダー、

 

日本じゅうにいる。いっぱいいる。

 

目の前の問題に、無意識に、逃げてしまう。

 

渾沌が怖いから。

渾沌が怖いから。

 

そんなのに託さねばならぬ未来って、一体何なのだ?

 

悲しい時代に、なってしまったじゃないか。

 

老いも若きも、

夢や希望を、黒く空いた壺のような暗黒に、落としてしまったのか。

渾沌の壺から、笑い声が聞こえるぞ。

 

 

必死で生きてる人を、笑うな。

 

 

歯痛その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週月曜日、ついに治療してもらったのですが、

どうも神経がかなり傷んでいたようです。

痛み止めもほとんど効かず、更に口内炎がジンジンと痛み。

もう朝はピークでした。

診察を受けてる時でも、「どの歯ですか?」と言われて「ここで・・痛っ!」てな具合で、

触ることもはばかられる状態でした。

 

麻酔をつごう3本打って、治療してもらいました。

最初の1本はほとんど効かず、更に別のところから2本。

そこから削ります。

痛くは無いが・・・・なんか頭蓋骨に響きました。

歯根から神経を取るために、棒状のヤスリみたいなのでゴリゴリゴリゴリ・・・・

思い出したら、疼いてくるような感覚です。

薬を詰めて、そこから仮の詰め物をして、この日の治療は終わり。

で、事務所に行きました。

諸々の事務処理を済ませて、今日は夕方から大学院。

しかも、東京から弁護士の先生が来る特別授業。

モチロン、授業の後は懇親会@エンドレスコースです。

そうこうしてるうちに・・・

 

麻酔、切れました。

鈍痛が、やってきました。

痛み止め、飲みました。

顔半分が、熱っぽくなりました。

鈍痛が、仕事できない程の疼きに変わりました。

 

結局、その日の大学院は欠席。

懇親会でお酒を飲むなんて、トンデモナイ・・・。

この1週間はこんな調子で、痛みが続く日々、

もらった痛み止め6錠はすべて飲み、家にあった鎮痛剤も飲んで、

土曜日に再度治療。

ここで再度クスリを詰めなおして、現在に至るです。

いやぁ、久々の歯医者道は、きついっす・・・・。

ウェブページ

※この時計の時刻は、あんたはんのパソコンのもんどす。必ずしも正確な時間ではあらしまへん。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。