記事一覧

V奪回に向けて

ファイル 69-1.jpg

4月3日から名古屋で始まったVプレミア男子セミファイナルは
我らがブレイザーズが3年ぶりのV奪回へ向け、
2勝1敗で1位となり、12日の東レ戦・決勝にコマを進めた。

これでブレイザーズの準優勝以上が決まったことになる。
前回は応援団として、今回は取材する側として
ブレイザーズを見ているが、第12回Vリーグの時のような
”勢い”はまだ感じないが、3日に決勝で当たる東レに
ストレートで勝っているだけに、良いイメージで決勝に
臨めると思う。

写真は勝った直後の動画から切り出したものだが、
#3石島の足といい、#7エンダキの両足サポーターといい
ほとんどの選手がサポーターやらテーピングをしているように
満身創痍でここまでやってきたのは、熱心なファン・スポンサーの
応援の声や裏方さんたちの献身的なケアによるものだろう。

僕は何をしに行ったかというと、試合の速報を動画で出すために
直前に依頼がきて、当日小型のハンディを持って行った。
本当は試合のハイライトをチョコチョコっと撮って、
ぱっぱと編集しようと思ってたのだが、いかんせん生来の
凝り性ゆえか、結局試合をガッツリ撮って、夜中必死で編集した。
お陰さまでというか、結構ファンの方には喜んでもらえたようだ。

さぁ、3年ぶりの優勝へ向けて、あと一つスカッと勝とうじゃないか。

季節の変わり目

季節は冬から春に移ろうとしている。
桜も少しずつ、チラホラしてきた。
季節の変わり目というのは人間にとっても
変わり目であって、何かしら体調が悪くなるものである。
ボクの場合は大体、口内炎ができる。
今回は久々にヘビーな口内炎が出来た。
ライブの終わった21日、唇のウラに出来、
翌日夜には舌がヒリヒリしてきた。
イヤな予感は見事的中。
なんと舌の裏を鏡で見ると、小さな口内炎が
実に8箇所に出来ていた。
不幸中の幸いと言えば、それが全て舌の前の裏側で
歯にあたる部分では無かった事ぐらい。
歯に当たる部分だと、3日間は喋れない。

しかし、一気に8箇所はさすがに凹んだ。
今までの記録更新ではないだろうか。
翌日は粘膜の炎症を止める薬・胃薬・ビタミンB錠剤を
飲んだが全く効き目なく。
その次の日の夕方に耳鼻咽喉科へ。

そこで硝酸銀の溶液で患部を焼いてもらった。
多発性の口内炎なので、つごう8箇所。これが激烈に沁みる。
5箇所目あたりからは痛みで涙がでてきた。

その後これも初体験だったが噴霧式のクスリを処方してもらった。
患部に粉状のクスリを塗布するというもの。
これがジンワリと効き、1昨日あたりからようやく終息に
向かって、今は1箇所残っているだけとなった。

約1週間、全く酒も飲めず、また食べるのに苦労するから
消化の良いものにしてもらった。
おかげで副産物で3キロほど痩せることができた。

体重の面では「口内炎さまさま」なのだが、やはり食事に
苦痛を伴うのはどうもよろしくない。
まぁ、季節の変わり目だったという事で片付けたいものだけど・・

無事終了・・・次回は5/3です

ファイル 67-1.jpgファイル 67-2.jpg

はぁ~
やっと終わりました。
1月からほぼ毎週練習して、選びに選んだ10曲。
なんとか演奏できたというカンジです。

あんまり・・余裕はなかったかな。
まぁ、ロックバンドが余裕ぶっこいて演奏するとシラけるから
このくらいの緊迫感がないとあかんでしょうな・・・。

予想以上に多くのお客さん(といっても身内ばっかしやけど)に
来て頂いて、本当に感謝しております。

ナッシュビル・ウエストは流石に横内御大の
丹精込めたハコだけあって、音響はバッチリです。
(後輩がMIXERやったからのはちょっとNGやけど)
やっぱりプレイヤーだけあって、演奏者の心理を汲んだ、
優しいライブハウスでしょう。
ここでカントリーだけやるのは正直もったいない。
幸いにもオールジャンル(爆音系はカンニンしてくれとのこと)OK
なので、これからもっと流行る・・・いや流行ってほしいです。

さて、ライブ終了後御大から早々のオファーを頂きました。
「高槻ジャズストリート」のある5月3日、
20時ごろの出番でやります!

また練習の日々ですが、頑張るよん♪

最後に、ライブに来ていただいた皆さん、
誠にありがとうございました。
次回もまた楽しんでって下さい!

とうとう来た・・・・・????

毎年、皮一枚で耐えしのいできたものがある。

それが今年、ついに・・・・来たようだ。

マジなのか?それとも一過性のものか?


くしゃみ 鼻水 鼻づまり

目ぇゴロゴロ 涙ポロポロ

そうです

あの・・・・・

かっ・・・

花粉症!

どーも数日前から、そういった症状が出てきて

この私を不快にさせるのです。

毎年、それっぽい症状は出るのですがいつも一過性で

気がついたら普通に戻ってたてな具合でしたが、

今回は・・・・

あきません。

薬局で鼻スプレーとマスクを買い

なんか、意識モーローだ・・・

もうこのへんでカンニンして欲しいなぁ・・・

LIVEやります

ファイル 65-1.jpgファイル 65-2.jpg

mixiでは既に告知してる件ですが、
3年ぶりにライブやります!

*************************************************
2009 3/21 19:00~ 高槻ナッシュビルウエスト
http://www.nashville-west.net/
Fee 1.500(1ドリンク付)

出:酒井"JAZZ"工房(東京)
  深川ロックショウ
多数ご来場お待ち申し上げております
*************************************************
で、お前はナニすんねんとよく聞かれますが、
不肖かしはら、ヴォーカルであります♪
しかもある曲ではギターを弾き
またある曲ではブルースハープも扱います・・・

ということで写真はHOHNERのプロハープ
(実はマリンバンドのガワと取り替えてある)
そして剣道の面みたいなやつは、実はハーモニカ用の
マイク「ブルース・ブラスター」です。

10穴のハーモニカはキーさえ合えば比較的簡単に
ソレっぽい音が出て楽しいのですが、その奥行きはかなり深く、
私ぁ只今クルマの中で必死に練習中。
もっぱら名神高速の移動中にスーハーとハーモニカを鳴らして
走ってます。
時折、不思議な顔で追い抜かれたりもします。

この10穴ハーモニカ、実は低音部の1番から3番というのは
以外とちゃんとした音が出ない。
クチビルをとんがらがして吸わないと、
「ポエェエエエェェェェェx~♪」てな音しか出ないのであります。
で、息の続く限り2番から1番→3蕃てな具合に吸ったり
吐いたりして、ちゃんとした音を出す練習をしてます。

その音がどうもトーフ屋さんの鳴り物みたいで、
ナンカ変です。
といいつつ、あと1ヶ月ほど、ヒマさえあれば練習してます。

博多

ファイル 64-1.jpg

週末は北九州でブレイザーズHGの撮影。
日曜、サントリー戦は8000人の大観衆が興奮する熱戦の末惜敗し、
試合後そのまま博多へ移動した。
夜は名物の「もつ鍋」と堪能し、月曜はミュージカル。
少し下のスレッドに写っている義弟が出演する
「ミス・サイゴン」を観る。

実は本格的なミュージカルを観るのはコレが初めてで、
最初から最後まで、感動しっぱなしだった。
義弟の渾身の演技にももちろん感動したのだが、
やはり生のオケに生歌ってのは、
なんというか・・・その演者の気がビンビン伝わってくるようで、
全編が音楽で彩られた芝居がこれほどまでに高度なものとは
思いもよらなかったと、少し反省している。

そういえばひと昔前、ある有名なタレントが
「日本のミュージカルはなんか照れ臭いから観たくない」
なんて言ってたのを思い出した。
そりゃまぁ、ミュージカルといえば本場はニューヨーク・
ブロードウェイと決まっているらしいが、
だからといって日本で上演される日本人が演じるミュージカルが
どれも劣るというものでは無い。
セリフをわざわざ歌にしなくても・・・的な感覚かも知れない。
でもそこは、見る側のイメージ力じゃないかなぁと思った。
歌や節回し、間から伝わる「言葉」はセリフとは違う、独特のものだ。
伝わるニュアンスも違うし、ミュージカルをセリフに置き換えた
芝居を観ても、たぶん同じような伝わり方はないと思う。
そこに音楽の旋律という深い部分があるから、
それが魅力をふくらませているのかな・・・と思った。

ミス・サイゴンと言えば僕は「あの本田美奈子がやってたヤツ」ぐらいの
認識しかなかった。
実際に観たら、スゴイ作品なのだと思った次第である。
バレーボールの試合もそうだけど、やはり「生」で観ないとイカンな。伝わるものがゼンゼン違う。
土・日はすごくエキサイティングな試合を見て、
月はすごく感動するミュージカルを観て、
こんな事書くと、記録が仕事の映像屋としては少々ツライものがある。(まぁ、ええか・・・)
いやいや、我々も負けずに頑張っていい画を創らないと・・・

うん、博多は面白い!また来たいね。

驕れるもの

先日、「ブラジル大使館後援」と銘打ったラテン系アーティストの
ライブが梅田の●イヤル△ースというレストランパブであった。
知り合いの知り合いの方のお誘いでチケットはタダ・・・
という事で行ったワケなのだが、
これがまぁ、どうよって感じであった。

19時過ぎに店に入り、とりあえず生ビールを頼む。
ほどなくビールがやってくる・・
と、ここまでは良かった。
フードを注文する。
19時半、ライブが始まった。
注文したフードは全く来ない。
ライブが終わる頃、サラダだけが来た。
その頃にはビールは飲み終わってるので、続いてワインを
注文することに・・・。
ワインが来た。
フードはまだ来ない。

かなりお腹が空いてたので、イライラしてきた。
そうこうしているウチに、セカンドステージが始まった。
2~3曲終わったあたりで、やっとフードがきた。
ワイン、2本目。
ついでにチーズも頼んだが、ライブ終了。
なので、キャンセル。

とまぁ、満席でドタバタしてたのは分かるのだが、
なんとも理解しがたい店だった。

後日この話をある事情通の人にしたところ、
このロイ○ルホ■スという店、
ものすごく接客態度の悪い店らしい。
フードが来なくて文句を言ったら追い出されたとか、
とにかく「ツッケンドン」なのだそうだ。

支配人らしきオッサンは後ろに髪を束ねた、一見
バッファロー吾郎の木村に似た野郎。
こいつが仕事してそうでしてない。
おまけに笑顔もない。
来て欲しくないんだったら、店開けんなって・・・

ああ、このオッサンならそんなこと言いそうだわ(笑)

プロの有名ミュージシャンには媚びへつらい、
アマチュアの出演者には横柄な態度を取るという、
まぁ、なんともドスカタンな店らしい。

近年、ビッグバンドが出演できるレストラン・パブは
このロイヤ▲ホー◎しかなくて、
足元を見てるそうだ。

ハッキリ言うが、PAも最悪。
アーティストが「もっと音量を下げて」を簡単な英語と
ジェスチャーで言ってるのにも関わらず、
全く対応せず、ハウリングしまくり。
それも低音がハウリングするから、うっとおしいったら
ありゃしない。

こんな程度で高い値段取りやがって・・・
客に不快な態度しか与えない店は淘汰されろ!
・・・とムカムカしながら次の店に向かったのでした。

松山

ファイル 62-1.jpg

四国は香川・徳島・高知には行ったことがあって、
愛媛にはまだ1度も行ったことがなかった。
大学のお仕事で先週末、初めて松山に行った。

実は松山の道後には義妹が住んでいて、
このブログにも度々登場する、妻の姪・甥がいる。
仕事が終わったらもう1泊して、
義妹家族と一緒にごはんを食べようという計画だった・・・

ああ、なんとここへきて計画断念・・・
理由は、流行病のインフルエンザ。
もちろん私が罹ったワケではない。
罹ったのは姪っこちゃん。
可愛そうに入院して、おまけに点滴まで・・
聞けば9度2分まで熱がでたそうだ。
子供にタミフルを飲ませると幻覚や異常行動が出るのは
本当らしく、それ故入院となったらしい。

これで妻はてんてこまい。
結局レスキューにかけつけたようなカタチになってしまった。
でも、困ったときはお互い様という事で、
しっかり道後温泉にも入ったし、
色々と楽しめた初・松山でした。

LAST HOMEGAME at 金岡

ファイル 61-1.jpg

1/31、2/1と開催されたブレイザーズ金岡ホームゲーム。
朝長選手にとって地元開催のホームゲームでは
ラストゲームとなるこの2連戦は超満員の動員ではあったが
1勝1敗で終わった。
31日の東レ戦はブロック以外の数字が全て上回っていても
勝てないというジレンマにイライラしたが、1日のJT戦は
昨日のブレイザーズはどこいったと言わんばかりの快勝だった。
かつてブレイザーズ2代監督だった敵将・ゴードンをして
「過去最悪の試合」と言わしめたJTの戦いぶりに比べ、
ブレイザーズはJPを始め北島・ゴッツがすこぶる良く、
センター陣とのスイッチも効果的に機能し、
これまで見た伊藤のスパイクに加え、ゴッツのクイックまで
見ることができた。
先日の反省を生かした、連敗の中でも大切な1勝だと思う。

ただ、すごく残念なのは東レ戦での千葉選手の負傷。
公式発表があったので書けるのだが、選手生命をも脅かす
アキレス腱断裂である。
焦らずゆっくりとリハビリして、絶対復活してくれると思うけど、
もうコースケとのコンビは見れないな・・・
そこんとこが、ちょっと寂しいのだ。

家タコ焼き

ファイル 60-1.jpg

大阪人はやはり「コナモン」が好きで、ご他聞にもれず
たこ焼きの道具がある。
大阪の女性の嫁入り道具にもたこ焼き器があるぐらいで、
そらもう、お好みからイカ焼き・タコ焼きと
嫌いなヤツは大阪人ちゃうどと言いたげな位、
コナモンの種類が多い。

我が家にも独身時代に道具屋筋商店街で買った、28個焼ける
銅版のたこ焼き鍋(ギョーカイではこう呼ぶのだそうな)がある。
鉄板以上に熱効率がいいので、油がなじんだら焼きやすいし、
コンガリ、フワトロに仕上がるので気に入っている。

家たこ焼き。粉は市販のもの。少し薄めに溶いて、
ここに隠し味の●●●●●を適量、小さじ2杯ほど○○○○を
入れると、香ばしい匂いがしてなお旨い。
卵をどうするか?卵は入れたほうがふんわり仕上がるけど、
何個も食べられない。玉は小さいけど1度に28個も焼くから、
いっぱい食べたいので玉子は入れない。意外とあっさりしてて
これはこれでいけるなぁと思う。

具はほとんど同じ。タコのぶつ切りとテンカス、
乾しエビ、青ネギ。
今回はここにコンニャクを甘辛く炊いたものを細切れにして
入れてみた。

仕上げはソースとマヨネーズ。かつおと青のり。
このへんはお好みでといったところか。

たこ焼きにビール。
う~ん、旨いっ
大阪人に生まれて良かった~と思う、
至高の瞬間である。

誰か遊びに来ぇへんかなぁ・・・(笑)

プロフィール

ただいまの時刻

※この時計の時刻は、あんたはんのパソコンのもんどす。必ずしも正確な時間ではあらしまへん。

過去ログ