記事一覧

SNOW CHERRY(雪桜)

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpgファイル 33-3.jpgファイル 33-4.jpg

昨夜にドンチャン騒ぎ(と言っても静かに呑んでましたが)の
内幕はというと、夕方ホテルにチェックインし、
川端二条の「赤垣屋」に行って夕食。
そこから祇園の某所にて師匠と再会という段取りだった。
まず赤垣屋。
ネット上でもかなりのレビュー数があるこのお店、
とにかく味と雰囲気が抜群です。
値段も利口やし、なんでもっと早く気がつかなんだかと・・・

写真は「鴨ロース」「きずし」「おでん」
旨そうでしょうが・・
旨かったよぉ!

で、翌日です。
朝ホテルの窓から外は真っ白!
東山も見えへん状態でした。
夕方から京都で仕事なのでいっぺん大阪の戻ろうかと思ってたのだが、
この雪がいつまで続くか分からないので、市内をウロウロすることにしました。
最初に行ったのが「錦市場」。
ここで夕食のおかずを買って、
それから嵐山に移動。
ちょうど渡月橋あたりが雪化粧してていいかな・・なんて
思ってたんですが、残念なことに晴れててNG。
そこから広沢池に行き、大学の手前、金閣寺に行きました。
金閣寺なんか20年ぶりです。
学生の頃に、同級生の友達が四国から来てて、観光案内を
頼まれた時に行ったきりでした。
金閣の屋根に雪が積もってないかな・・・なんてかすかな期待を
寄せていたら・・・OH!
これがその写真です。

最後は境内での1枚。
降った雪が桜の花のように残ってたので、思わず写しました。
なかなか幻想的なもんで・・。

ちなみにこれ、全部携帯で撮ってます。デジカメいらんなぁ(笑)

師匠

ファイル 32-1.jpg

12日は誕生日。
45歳になりました。
メッセージを頂いた皆様、ありがとうございました。

昨日からヨメと京都に泊まってました。
目的は、私の学生時代の師匠に会うこと。
祇園で2年近く、バーテンダーのアルバイトをしていた時に
ものすごくお世話になった、「チーフ」こと池上 弘さん。
この道40年という大ベテランで、祇園で知らん人はおらん程、
いけてる「オヤジ」でした。
というのも池上さんと私の亡父は3年違いで、
京都では文字どおり「オヤジ代わり」だったのです。
卒業後KBSに入ったことも、独立して会社を興したときも
事あるごとに報告に行ってたのだが、結婚はまだ報告して
なかったので、なんとか時間を作って行こうと計画してました。

数年前には第一線を退き、日曜だけお店にでてるそうなのだが、
何せ75歳というお年なので、どっか病気でもしてたらと、
ちょっと心配していた。
ところが・・・
この日に卸したワイルドターキーをヨメと一緒になって
飲む飲む・・(笑)

気がつけば1時をまわり、昔話に花が咲き、祇園祭vsだんじり談義もあったりで、久々に楽しく酔わせてもらったのでした。
大阪に住んでることもあってなかなか祇園には行けないけど、
1年に1回は必ず「お参り」せんとイカンなと、思った次第。

しかし色々考えると自分はこういった師匠がいて幸せだな。
今この瞬間の、なんともいえない豊かさをかみしめて、つくづく思うのだ・・・。

で、13日の京都は続編で・・

がんばれJP!

ファイル 31-1.jpgファイル 31-2.jpg

2.3日と北九州でのホームゲームは連敗に終わった。
というのも、今年新加入した外国人選手のエンダキ選手が
母国カメルーンの代表としてオリンピック予選に出るため
一時帰国したからだ。

なんでこんな時に予選すんねん・・・と思いつつ
選手控室でブレイザーズの小田部長に尋ねたら
「カメルーンには国内リーグがない」のだそうで、
選手は全員、外国のリーグで活躍しているのだそうだ。
早速、FIVB(国際バレーボール連盟)のサイトを見てみると、
アフリカ予選の事が書いてあった。
そのままアフリカ協会のサイトへ飛んでみる。
カメルーンは今日の時点で2勝。2戦ともスト勝ちである。
写真を見ると・・・7番にエンちゃんがいた。
このヒゲ面の彼です(笑)
アフリカ協会に試合の模様が写真で載っていた。
狭い体育館に外はまる見え。つまり外光があっちこっちから入ってくる。
観客はまばら・・・というかほとんどいない。
こんなトコでオリンピック予選をやってるんや・・と
しばし絶句してしまった。
日本じゃ某ジャ○ーズの新曲発表会みたいな過剰演出で
なんか選手もチームも無理やりヒーロー・ヒロインにされてしまっている
ような感があるが、
本当にしのぎを削るような闘いは、観客もいない殺伐とした空間でしか
できないのかも知れない・・

エンちゃんは初来日から取材させてもらったので、彼の優しい性格と
コート内でのファイトぶりは見ていてものすごく楽しいものがあって、
今年のブレイザーズはかなり・・と期待している。

しかし、いざ一時帰国でいなくなると、みんなが頑張りすぎて・・
というか「自分がなんとかしないと・・」的な責任感がカラ回りして
ものすごくちぐはぐなバレーボールをしていたように思えた北九州HGだった。

東京3連戦もエンちゃん不在なのだけれど、代わりにオポジットに
入った西尾君がもっとバクハツしてくれるのでは・・・と
密かに期待しているのだ。
彼も合宿で色々と克服したい課題があったそうで、
今年かなり頑張っていると思う。
若手の選手もそうだけど、誰ひとりとして手を抜いてはいない。
ものすごいいいプレーをしているし、闘志溢れるプレーを
連発している。
ところが、敵も同じように頑張ってるから、これまた僅差で
ハートの差が出るんだなコレが・・・

現在8勝5敗で3位のブレイザーズ、まだまだ3レグの手前だから
安心はできないけど、ここからまた加速してくれると思う。
でも・・・、エンちゃん早よ帰ってきてくれ~

ASAYAKE

ファイル 30-1.jpg

特にどうしたって事は無いのだが、
昨年の開幕戦で新橋に泊まったときの写真。
6時ごろ目が醒めて、ふと外を見ると
なんとまぁ、幻想的じゃ、あーりませんか。
ということで撮ったのです。

大都会の静寂といったところでしょうか。

東京に昼間いてると、とにかく急かされているような感じで、
それは大阪にいても、さほど変わらないのだけど・・・
ホンマなんとなくなんやけど、
「生き急がされている」ような感覚になるんやなぁ。
時間どおりに電車が来て
時間どおりに仕事が始まって
その繰り返しに疲れて
その疲れを時折癒しては、また都会に戻って・・
てな感じで(笑)

早朝のこの色合いがたまらなく好きで
なんか冷から温へ移りゆくような・・ね。
始まりの予感
喧騒の前触れ
なんやろ・・

ただ写真を載せたかった、閑話Q題でした。

軽自動車とバレーボールのハナシ~支離滅裂~

ファイル 29-1.jpg

先日社用で使ってるシャリオグランディス号が事故のため工場に預けることになった。
代車として貸してもらったのが、久々の"軽"であるワゴンR。
軽自動車に乗るのは85年型ミラターボ以来だから、実に20年ぶりだ。
当時は550、今は660だし規格も変わっているとはいえ、とりあえず驚いたのは
「幅の狭さ」。こっちが太ったせいもあるけど、肩幅がやたらと窮屈だ。
写真は高速を走ってるときのものなんだけど、このワゴンR、さすがバイクメーカーの
スズキだけあって高回転型だ。いや、軽だけに回転でパワーを確保しないとダメなのだろう。
ターボ車でもないから加速も緩慢だし音もうるさいし、やっぱり軽かなぁと思う。
でも・・・自分がクルマに乗り始めた頃はパワステ・クーラーなんか付いてなかったし、
ステレオさえも自分で取り付けた時代だったから、逆にこういううるさい、狭いクルマに乗る
のも、なんだか楽しい感じがして、80km/hとはいえ結構楽しいドライブだった。
今の新規格の軽はもっとサイズが大きくなり、装備も豪華になっているし、もう低所得者の為の
クルマでは無くなってきた。昨日も140km/h前後で追い越し車線をカッ飛んでゆくムーブが
あったけど、日本独特のこの規格もまだまだ捨てたもんじゃないなと思った。

さてさて、日曜のこの時間に事務所でBZTVを編集しいる私だが、ブレイザーズの富山大会は
見事連勝で終えたようだ。新型応援サウンドも機能したそうだし、次の北九州ホームゲームに
向けていい弾みがついたように思う。
サントリーの独走はしばらく続くと思うけど、今期はNEC・東レが予想外の低迷で勝ち星に
恵まれないようで、前の金岡HGでも元気がなかった。逆に怖いのはパナソニックと大分三好で、
パナは日本のスーパーエース山本が復活してすぐに大活躍しているし、三好は上位食いで豊田合成・
東レから白星を奪っている。
我らがブレイザーズも磐石ではないが、北島選手が注目されてきた。もともと技術もハートも強い
選手だけに昨シーズンまでスタメンになかなか定着しなかったけど、今期は千葉キャップが不調という
こともあって活躍の場が多い。みんなが活躍してくれたらええに越したことは無いのだが、
北島君の頑張りはなんか、苦労が報われたというか、練習はウソをつかないというか・・・
なんとなく嬉しいのだ。
次回の北九州は我々も撮影に行く。さぁ第二のホームも連勝して4連勝だぁ!

NEW SOUND

ファイル 28-1.jpg

ブログを書くのに間が空くのは忙しいから・・・なワケではなく、
ひとえにInternetExplorler7のせいです。
何せカナ漢字変換で文字入力してたら突然アルファベットに変わってしまうし、
ちょっとクロスブラウザ気味に触ったらエラーで強制終了してしまう。
ネットバンキングで振込してる時なんか、最低。
マイクロソフトは日本人をバカにしてるのかと思うほどです。

さて・・・そんなボヤキもひとまず置いて、今回もテキストファイルに
書いてからコピペでアップ。
Vプレミアの開幕以来数試合を撮影しつつ、ブレイザーズ応援団の奮闘ぶりをかいま見るのだが、先日やはり予想通り、音の追加オーダーがあった。
聞けば、最も頻度の多いサウンドが相手チームの応援に
かき消されてイントロ部分が聞こえづらいのだそうだ。
本来は得点したチームが音を出して、得点されたチームは音を出さないてな、紳士協定を試合前に応援団同士で話しておくのだが、
けっこう劣勢の時の応援の音が最近は重要視されてきて、ましてや試合がヒートアップすると、もうシッチャカメッチャカになるようだ。
まぁ、昔から音量(というか爆音)で攻めてくる某チーム応援団もさることながら、
あからさまにスピーカーの大きさとかで攻めてこられると、企業チームじゃないBZ応援団は劣勢になってしまうワケだ。

で今回、4つ追加しました。
「いいぞ」の2回連呼と3回連呼にはハデるのイントロを追加し、
更に04年に作った「ダンシングヒーロー」(おぎのめちゃん・・懐かし)を復活、
そして頑張ってるエンダキの為に自身のリクエスト「エスパニア・カーニー」をベースにした音を加えた。

制作はシンセ2台。ヤマハのTG-300とローランドのSC-55ST。この二つの音源を混ぜて使ってます。
ソフトはSONAR2.2というプロ向けのシーケンサー。こいつがノンリニアと使い方が似てて、結構楽しいのだ。
以外と地味ぃ~なところで作ってるでしょ?自室に篭ってると、奥様が訝しげに覗くのだが、これがまた説明に困る。
だって俺ピアノは弾けへんから、一音ずつ
モタモタしながらやってるんやからなぁ・・・(汗)
2日間で3つ作り、あとはサンプラーにアナログで録るだけです。
制作はデジタル・・・でも最後はアナログ。なんか面白いな。はははっ

チームはちょっと開幕の勢いを落としつつあるが、次のホームゲームまでなんとか戦い抜いて、あの空間で弾けてほしいもんだ。

今度は北九州・・・作った音がどう鳴るか、ナマで聞いて確認してみないとね・・

惜別の"魂"~His deep Soul~

正月がまだ開けない1月4日、仕事の大先輩村地氏からメールが
送られてきた
「今朝方だいのしんが亡くなったそうです」

渡辺大之伸。'59年生まれ。ソウルミュージシャンだが、
彼を有名にしたのはその魅力的な「声」だった。
大之伸氏に出会ったのは、今からもう15年ほど前だ。
当時僕は京都の日産プリンスの、FM京都で放送するCMのコピーを書いていた。

KBSラジオからFM京都へ出稿を変えるのに伴って、
もう少し予算を使って凝ったCMを作って、プリンスのイメージを高めたい。
そういうクライアントの意向を受けて、村地さんが間接的に知り合いだった
大之伸氏が来てくれた。
当時大之伸氏の「声」はJR東海の「のぞみで行く東京プラスワン」とか
日産の「超感覚スカイライン、誕生。」といった、
ドナリとかキメ系のCMナレーターとしてかなり引っ張りだこだった。

村地さんの知り合いということで、かなり破格のギャラで、
それも毎月のレギュラーでCMを読みに来てくれてた。
身長は約180cm、昔武道をやってたかなんかでガタイもでかく、
そりゃもうイカツイ兄ちゃんだった。僕より4つ上で
おかしなコピー書いたらブン殴られそうな、そんな第一印象だった。

一流のナレーターが読んでくれるのだから、とにかく必死の思いで
CMのコピーを書いた。もちろんクライアントの担当氏もこのキャスティングには
大満足で、毎週ショールームに行ってはコピーの一行について
あーでもない、こーでもないと議論してたっけ・・・
結局プリンスの仕事は3年、書いたコピーが約300本ほどになった。
自分の抱えている佛教大学のCMも読んでくれた。
といっても最初のコピーはスチューデントソングとして
リリースされた、バブルガム・ブラザーズの曲を聞かせないといけないから
「Go West! 佛教大学from 京都」・・・これだけだった。

録音には当然立ち会った。そりゃぁ元々制作の現場で働きたかったから、
当然のように立ち会ってた。そうこうしているウチに、大之伸氏が
BGMのテンポと原稿の読みを合わせることに気がついた。
「どうせやったら、曲聴きながらのほうが乗るねん・・」
さすがは現役のソウルシンガーだけあって、テンポや間、リズムを
すごく大切にしてくれていた。だから後半は著作権のかからないフリーの
BGMが声に負けてしまうので、バンド仲間の池内君に頼んで
車種別のBGMを作ってもらった。「この声に負けへん曲を作って」と言って・・・

今や映像の仕事が主体でラジオの仕事は皆無だけど、
あの頃本当に詩を書くようにコピーを書いてた、ガムシャラな時代が
今の自分を生かしているように思えてならない。
たった一度だけ、自分の映像にナレーションをつけてもらにった事がある。
ブレイザーズHGの映像に、渋い声で・・・
結局それが、大之伸氏と僕との最後の仕事になってしまった。
京都のスタジオラグを出るとき、
「今度は仕事抜きで京都おいでぇな。一緒にメシ食っていろいろ喋ろ!」
あのときの笑顔が、忘れられない。

謹んでご冥福を祈ります。

※僕の書いたコピーのCMが掲載されているようです。
今日教えてもらって、ちょっとビックリした・・・
http://deecool1990.web.fc2.com/

開幕前夜

ファイル 26-1.jpg

久々に東京に来た。
明日からいよいよ07-08Vプレミアリーグが開幕する。
マッチコート練習を撮影するために、金曜日に入った。
昨年から応援団から離れて、BZTVの撮影クルーとして
数試合の遠征に来ているけど、ほぼ1年ぶりに感じる
なんとも言えない緊張感と、選手の引き締まった顔つきを
見ることができた。

今回、久々に応援の音を一新した。
いつものパターンとして使っている2回コールと3回コールを
含め、主要な音は3シーズンぶりの全面変更である。
コレが有明コロシアムでどう響くか・・・
作ったほうとしては結構、気になるものだ。

そうそう、ゴッツ専用の音も作ったのだ。(こんなん書くと「シャア専用」みたいやな)
優勝の打ち上げで誰かが歌った「ガッツだぜ!」がベースなのだが、
これがウケるかどうか・・・というか
ゴッツに喜んでもらえるかなぁ・・??

応援団は今年、地方はチアリーダー、HGと主要な試合はなおき団長が
頑張るらしい。
音を出すのも女の子ということで、先日練習を見に行ったのだけど、
サンプラのキーを叩くのって、結構女の子のほうが器用やったりしてと
思った。想像以上に飲み込みが早く、センスが良いのだ。これだったら
シーズン途中で色々とオーダーが入るかも知れない。
良い意味で、新しいブレイザーズの応援スタイルができたら良いのになと
思う。

さて、明日は豊田合成戦。昨シーズン台風の目になったチームだ。
ここを撃破して連勝でHGを迎えよう・・。


それにしてもIe7は最悪やな。
かな漢字変換が途中で強制的にリセットしてしまう。
こんなん完全な「バグ」やで。
おかげでブログ書くのがものすごくおっくうになった。
コレだって一度テキストファイルに書いてからコピペしてるんだもの・・・・

晩秋の鐘よ、遙かなる・・・。

ファイル 25-1.jpg

晩秋になってきた・・・。

キャンパスは本日、公募制推薦入試。
少し薄曇で、肌寒い。

22年前、この大学を出たけど、
こんなにきれいな紅葉だったっけ・・・

京都も、大阪もこれから冬だけど、
もうすぐ熱い、プレミアリーグが始まる。

仕事も目白押し。
カラダだけは大切にしつつ、頑張って稼ぐぜ!

やったあ♪

ファイル 24-1.jpg

ようやく・・・というか、ポルシェ君がドナドナされてから
約9ヶ月が経過し、再びドイツ車に乗れるとは・・。
いやぁ、素直に嬉しいです。

今回も今川マジックが炸裂して、とびきりの出物を見つけてくれました。
BMW318iツーリング・Mスポーツであります。
最初は4WDもいいななんて言ってたのだが、滅多に4駆で走ることも
無いし、燃費悪いよとのご指摘で考え直し、ワゴン車のほうが
色々と使い勝手もいいだろうと、奥様が決めました。
最初のオーダーで今川大先生は「白とMはカンニンしてね」と
言ってたので、赤以外の6気筒でお願いしてたのだ。

見つかったのは4気筒の318.だけどカタログを取り寄せてよく見てみると
エンジンが新設計の「バルブトロニック」という。
要はスロットルバタフライがなく、吸気バルブを制御してコントロールするという、
直噴(?)のようなエンジンなのだ。
試乗で走ってみた感触で、トルクが少し細い感じがしたのでもしかして4気筒かなと
思ってたが、マフラーがスポーツマフラーになっていてピックアップは鋭いし、何よりレスポンスがすごく心地よかったので、6気筒へのこだわりはどっかへ飛んでいってしまった。

前オーナーが取り付けたというマフラーにプラスして、正価で買うとトンデモナイ値段のBBS18インチが付いてたりで、これはもう買うしかないでしょうと思い、
即決しました!
但し名義はローンの関係で奥様に・・・まぁ仕事で乗るのはほとんど無いので、メインで使う人が名義人だったらええのですけどね♪

以前のM535iも楽しかったし、FR車をまた楽しめるなぁ・・・

プロフィール

ただいまの時刻

※この時計の時刻は、あんたはんのパソコンのもんどす。必ずしも正確な時間ではあらしまへん。

過去ログ