記事一覧

首が座りつつ・・・あるのかな?

ファイル 133-1.jpg

えへへ~
可愛いでしょ。

って、親ヴァカです。

生後2ヶ月と10日が過ぎました。
結構、首が座ってるような、倅です。

横に抱くと、ほぼグズります。
縦に抱くと、上機嫌です。

私の肩を、吸います。
Tシャツをチュウチュウと・・・

なんで??

生後2ヶ月ごろの赤ちゃんは、指をくわえたりするのだそうで、
その一連かも、知れません。

休みの日、抱っこしてたら、なんかチュウチュウと音がして、
私の肩は、ヨダレが・・・

表情も豊かになってきました。
目を合わせると、笑います。

ニコぉ~っと。
これがたまりませんね。

毎度親ヴァカで、すいません。

妻に撮られた・・・

ファイル 132-1.jpg

最近、朝早いです。

妻が起きるのが、早いから。
朝4時ごろから起きてます。というか、起こされます。

そう。倅が「オッパイくでぇ~」と泣くから。

で、私も朝7時ごろ、起こされました。
仕事に行くにはあまりにも早いので、
朝ごはんの支度ができるまで、
添い寝・・・というか、爆睡しました。

そこを、撮られました。

「おんなじカッコで寝てるやん」

ホンマや・・・

なんというか・・・以外に笑えます。


その倅、先日検診に行きましたところ、
身長60.2cm 体重6155g

生後3ヶ月の体格だそうです。

ちなみに、生後2ヶ月に達しておりません。

更に、僕らの顔を見て、笑います。

この時期に表情が出るのは、成長が早いのだそうです。

抱くとズッシリ。

しかも寝かすと、泣きます。

ははは・・・。

困ったな。

でもカワイイから許したる。

検査

先日の健康診断で再検査を言い渡され、
今日の朝、地元の総合病院へ行ってきました。

診断の結果、入院などはせず、投薬治療で様子を見て、
2週間後再検査しましょうという事になりました。

前回の血液検査、尿検査より、少し数値が改善しているので、
経過を見るという事です。
腎臓の機能が、だいぶ落ちてるようです。

大学院でのエンドレス授業で暴飲暴食をほぼ毎週繰り返した事や、
この猛暑で水分&アルコールを過剰摂取したのも、遠因のようです。
そうそう、出産で妻が里帰りして、一人暮らしの1ヶ月の食生活が
不規則だったのも、要因のひとつでしょう。
総じて、「不摂生」ですわ。

なので暫く、アルコール、甘いもの、栄養ドリンク、おやつ類は禁止で
あります。

正直年齢的に、食べる・飲むを我慢するのはツライですが、
倅が大きくなるまで、倒れてなんかいられません。

暫くはカスミ食って、仙人のように生きますです。

それにしても!
私ゃ今日、8時45分に病院に着きまして、
手続きして待合に行ったのが9時過ぎです。
で、診察が受けられるのは、紹介状があっても
11時半以降と言われました。

実に2時間半、待たされることになります。
さすがに受付に言って、一旦家に帰りました。
倅をフロに入れるのを手伝い、何やかやと用事して、
11時半に再度待合室へ。


診察を受けたのは、午後2時。
待つこと、2時間半。
朝から待ってたら、実に5時間です。

どんだけ患者おんねん・・・と思いましたが、
これが地域医療の現実なのでしょう。

朝の受付は年寄りがテンコ盛り。
まるで月末の銀行です。

しかも、わがままです。かなり。

順番どおり並べといわれりゃ逆ギレ。
カルテもないのに待合に来て、順番が来ないと怒る。

敬老の日を過ぎて、年寄りを敬いたい気持ちはあれど、
社会のルールを曲げるのは、どうでしょう。
マナーの悪い人ばかりじゃないけど、

公共の場で若いヤツの事をとやかく言えないなと、
思いました。

私はジッと、待合で順番が来るのを待ちましたよ。
歯をくいしばりながら(笑)

初秋の空気・・・

ファイル 130-1.jpg

最近やっと、猛暑日が終わって、
日中もようやく過ごしやすい気温になってきました。

そして少しずつ、日も短くなってきたようで、
午後6時の名神高速も、ヘッドライトなしでは
走れません。

先日、綺麗な夕焼けだったので、
ケータイで撮ってみました。

今朝、健康診断に行ってきました。

暑い夏の影響もあったと思いますが、
春からの環境の変化と相まって、
自分のカラダは、かなり悲鳴をあげていたようです。

秋からまた忙しくなります。
全日本大学駅伝、大学野球、VPにバレーボール、
そして、大学院も月末から秋学期です。
昨日、成績発表があって、
ありがたい事に全単位A以上の評価でした。

頑張る前に、オーバーホール。
精神的には、少しゆとりを持って・・・

イラチな私に、そんな事ができるのでしょうか?
なんて半信半疑ですが、あえてゆったり動きたいと思います。

クリエイターは、カラダが資本ぢゃい!

父ちゃん、倅に会いたがる♪

ファイル 128-1.jpg

自宅から妻の実家、岸和田まで、片道約50km。

往復100kmを走る毎日はさすがにつらくて、
仕事やらなんやらで忙しい場合は、岸和田に行けない日も
ございます。

そんな時、役に立つのがSkype.
妻はハワイの親友とコレでコミュニケーションを取っています。

そんなツールを駆使して、会えない時は映像で
倅と会うのでございます。

といっても、一方的ですけど。

彼はオッパイを飲んで、寝て、泣いて・・・の繰り返し。

しかし!

確実に大きくなっています。
体重はもはや4500gを超え、身長もベビーバスが窮屈な位になったと
妻が言ってました。

今のところ母乳オンリーが功を奏しているのか、
超高速で細胞分裂を繰り返しているようです。

さきほど、9月5日にお宮参りをする予定と聞きました。
あのだんじりが宮入りする、岸城神社だそうです。
しかし5日は午後からだんじりの「試験曳き」があるそうな。

大丈夫なのだろーか?

この日の午後には家族写真を撮る予定です。
そう、あの着物を、着せるのです。

ついに、とうちゃんになる。

ファイル 127-1.jpg

8月3日夜。
その日も蒸し暑かった。

7月31日の予定日を過ぎ、まだ生まれない状況に、
主治医のセンセイから「もっと歩きましょうね」と言われ、
1週間前から、街中を歩いている妻と、同行する私。

臨月によるむくみの影響で、僕のジョギングシューズを履き、
毎日30分~40分のウォーキングを繰り返していた。

この日は実家の母に届け物をして、それから街を遠回りに歩き、
約1時間、みっちり歩いた。
既に3100gを超え、これ以上お腹の中で大きくなったら
産みにくくなると言われて、
妻も真剣に、弱音も吐かずもくもくと歩いていた。

4日深夜。
2時ごろである。
突然「痛たたたたたたたたた」と妻の苦しむ声。

陣痛か?

「ワカラン。経験したことないから」

まだ冗談が言えると思っていたが、午前3時を過ぎると
その痛みが断続的にやってくる。

病院に電話してみたら、間違いなく陣痛と言われた。
ただ、まだ間隔が空いてるから、もう少し様子を見てくださいとのこと。

結局妻も僕も、ほぼ一睡もできず、朝がやってくるまで、
少しづつ間隔が狭まる陣痛の度に、妻は苦しみ、
僕は腰を揉みの連続で過ごした。

午前11時。
陣痛が6~7分おきになった。
ようやく病院から来てくださいと言われたので、
妻を乗せて、病院へ行く。

車中でも必死で痛みをこらえる妻。

こんな時、何もできないのが、男なんだな。
心で詫びつつ、クルマを走らせること約30分。病院着。

LDR室という、陣痛も分娩もできる部屋に入った。
ひとまず安心。

初産なので、ここからが長いと聞いていたし、
義母も来てくれたので、仕事に戻ることにした。

事務所に戻り、そして自宅に戻り、少し仮眠。
スタッフ運転のクルマを豊中に置き、再び新御堂を南下。

途中、義母から電話が入る。

「今、向かってます。」

ちょっと遅くなったけど、今夜は徹夜かなと覚悟してたので、
渋滞してる道を端端と走らせた。

事務所でスタッフを下ろし、病院には6時50分着。
7階に上がる。
受付で「すいません、LDRに入ってる柏原の・・・」

「ああ、さっき御生まれになった柏原さんの・・・」

「えっ???」


「先ほどお生まれになられましたよ。」


「げげげげっ!」

LDR室の前で、義母が手招きしている。

聞けば、6時過ぎに、急に産気づいて、そのまま緊急出産に
なったらしい。

あまりに急にお産が進んだので、妻の後処置が結構、大変だったのだが、
後で聞いたら、安産の部類に入りますね。との事。

しかし妻曰く、極限の痛みでギャァギャァだったらしく、
とても立ち会ってもらえるような、平和なお産ではなかったそうだ。
結果的に生まれる瞬間は、義母ですら立ち会えなかったらしく・・。

まぁ、結果よければ全て良しと思っている。

妻の処置の間に、助産婦さんに呼ばれ、子どものいる部屋へ。

「6時46分、3519gでした。元気な男の子ですよ」

「で・・・デカっ」

生まれたばかりで、血やら羊水やらがついてる状態のわが子を抱く。


なんて言ったらいいんだろう。


彼の鼓動が、自分の何かとシンクロしているような、


彼の温もりが、離れて処置を受けている妻の闘った痕跡を伝えているような、

そんな不思議な感動が、心から湧いてきた。


この10ヶ月、僕らはこの瞬間を待った。

これまでの不安のすべてが、喜びに変わった瞬間だった。

不安なんて、無い。
これから共に育ってゆく。

ありがとう。

生まれてきてくれた事に感謝。

暑さとだるさと、つわりと痛みに耐えて生んでくれた妻に感謝。

頂いた命をつなぐことができた。両親に感謝。


7年前に他界した親父の写真を持って行った。
いつもより、笑ってくれてるように見えた。

父ちゃんになる覚悟・・・

ついに7月です。
予定日は31日。
Xデーはあと1ヶ月を切りました。

妻のお腹の中で、彼は暴れる日々です。
夜中も昼もカンケーなく、ゴニョゴニョと暴れてます。
その影響で眠れない妻。暑さも手伝ってか
「もう早よ生みたいぃぃぃぃ・・」
と、寝言がマジなんかワカラン発言をします。

いやいや、今出て来られたら、
仕事は混んでるし、大学院はまだ夏休みちゃうし、
おまけにレポート山積みやし、

ベビーベッド組んでないし、あと1回出産準備クラス受けないとイカンし、
車検や消費税の支払いあるし(関係ないか・・)

とまぁ、私の思いとしては、予定日に近い日程で
ご光臨願いたいと・・・

覚悟はまだまだ甘いですねぇ。

でも日々一刻、天から授かりし命との出会いは、近づいています。

出産立会います。はい。
そりゃもうプロですから、しっかり撮影しますよ。
でもたぶん、イッテQの兄ちゃんみたいに、
涙ボロボロで、鼻水ダラダラで、
トータルで言うとグダグダでしょう。
今でもその光景を想像しただけで、なーんかウルウルきますよ。

先日、和泉修ちゃんの奥様にアドバイス頂きました。
「分娩室入ったら痛いわシンドイわなんで、周りにいるもの
ぜーんぶウットウシく感じるから、
変に励ましたりしたら、怒られるよ~」って・・。

そうかぁ。
頑張れ!って、もう頑張ってるよなぁ。
大丈夫やって、ヒトゴトやわなぁ。

・・・なので、ひとまず下僕のように付き添い、
八つ当たりがある時は甘んじて受け、
お生まれあそばされる瞬間を
静かに燃えつつ、お待ち申し上げる事にします。

親子2代の・・・

ファイル 123-1.jpgファイル 123-2.jpg

この写真に写ってる着物は、
私が7歳のとき、一回だけ、七五三に着た着物です。

先日、母が40年ぶりに、着物箪笥から出してきてくれました。

虫食いもなく、ほとんどシミもなく、
とても良い状態でした。

陰干しのあと、呉服屋さんへ出して、メンテナンスしてもらうそうです。

かなり前、母が
「あんたに息子が生まれたら、着せたる為に誰にも貸さんと
置いとくねん」
と言ってました。

「三つ葉柏」の家紋の入った、正真正銘、柏原家の着物です。

この「暴れん坊将軍」の上様みたいな着物を、

もうすぐ生まれてくる倅の宮参りに、使おうと思います。
そして、七五三の時には、やはり40年間眠っていた袴と一緒に
着せようと思います。

それまで母が、達者でいてくれるのを心底、祈ってます。

実は親父の形見に、えらく立派な着物が残ってるのだそうです。
いつか近いうちに、母と私と妻と倅で、
着物を着て写真撮れたらいいな・・・

そんな想いも、フツフツを湧いてきましたよ~

勉強してると・・・

大学院と仕事の両立・・・といっても、
まだ1ヶ月もたってないのでハガユイのだけど、

さすがに社会人が多い研究科だけに、ものすごく刺激に
なる事が多い。

バレーボールの人がドクターで2人
マスターにはラグビー・スキーと色んな種目で
いろんな経験を積んだ人がいて、一緒に勉強している。
経験を裏討ちするような理論とか、
親学問としての社会学の勉強とか、
関連法規、行政学、組織論・・・
様々な関連領域があって、興味深い。

僕らの研究はスポーツ政策なので、スポーツの文化的な側面を
主に研究する立場なのだが、
そうでなくてもスポーツが文化ではなく娯楽とみなされる風潮や
企業スポーツの衰退でも分かるように、とても軽薄な扱いを
受けているように見える。

僕はメディアに携わる立場からスポーツの効用を考えて行こうと
大学院に入ったのだが、

スポーツの主体である「○○協会」や「××機構」とか、
その所属チームも含め、
スポーツ団体の組織体としての危うさを知ってしまうと、
勉強してることが全く無意味なものに見えてしまうような事がある。

それはたぶん、様々な意志形成がなされる組織体の中にあって、
突如としてその意志が覆されるような行動がしばしば見られるにあたり、

それは伝統的な「体育系」の、独特の社会構造に起因していることが見えたときである。

どんな組織でも「天の声」的な不条理はよくあることだが、
こと体育界にあっては、伝統的なタテ社会が、それをより強く
しているように思えて仕方が無い。

こんな社会に学問なんてただの徒花と思ったら、とても勉強なんか
する気になれない。
だけど、不条理には不条理で対抗するより、
あくまでも理論と実践で臨まねばならないと、僕は思う。

そうでも考えないと、せっかく時間取って勉強してるのが、
もったいないわいと、最近思うのであります。

なんか脈絡の無い文を書いてしまった・・・・。

充電PART-Ⅱ

ファイル 117-1.jpgファイル 117-2.jpgファイル 117-3.jpg

本日は寒いながらも晴れであります。

前回、箕面公園に散歩に出かけ、
「次は妙見さんにでも行くかね」と妻と話をしてました。

で、行ってきました。
豊中駅から各停乗って、川西能勢口で能勢電に乗り換え。
能勢電は数年前の独身時代、ふらっと乗りに行って以来です。

いぜんの能勢電は黄色とオレンジのツートンカラー。
今は阪急マルーン一色です。

妙見口からケーブル乗り場までは、バスに乗れるかと思いきや、
夕方までダイヤのない、閑散線区。
なので、歩きました。

身重の妻は結構、シンドそうでした。
自分は・・・以前だったら妻より早く息切れしてたでしょう。
最近の通学生活で、結構歩いてますもので♪

妙見口からはケーブル・リフトを乗り継いで、山頂へ。
なんと、昨日の最高気温は4℃だったそうな。
なので街中では散りつつある桜も、
今が見ごろです。

谷間から吹く強風意外は心地よい春の陽射しで、
森林のエネルギーで充電できました。

ガッコウもひととおり講義が終わり、発表や宿題が
出て参りました。
仕事はオニのように溜まってて、
なんか思い出したらブルーですけど、

まぁ、なんとかなるでしょう。
GWまでにもうひと働きして、ゆっくり勉強しまっさ。

ページ移動

プロフィール

ただいまの時刻

※この時計の時刻は、あんたはんのパソコンのもんどす。必ずしも正確な時間ではあらしまへん。

過去ログ